トップページ » FAQ » 治療には保険扱いと、自費とがありますが、どう違うの?

FAQ 歯のご相談で、よく頂くご質問をまとめました。

治療には保険扱いと、自費とがありますが、どう違うの?

保健診療でまかなえる治療には、いろいろな制約があります。例えば義歯や被せものの材質でいえば、プラスチックや金・銀パラジウム合金なら保険扱いですが、白金加金やセラミックといった高価なものは保険が適用されないため自費でまかなうしかありません。つまり持ちのいい高価な材料を使う場合は自費で!ということです。では自費でお金をかければいい治療ができるのか?今後再び手をかけなくてもいいのか?というと、そうともいえません。 いくら高価な被せものをしても、前段階の治療がよくなければ、治療後にその歯や周囲の組織が悪くなることもあります。また歯磨きなどセルフケアの不備が悪化や再発を招くことはいうまでもありません。 その時、どちらを選べばよいのかはケースバイケースです。治療している歯やその周囲の状態、歯の位置、骨の状態などを考慮して、納得のいくアドバイスを担当医から受けることが大切です。

FAQ一覧へ戻る

診療時間
月 - 金9:00 〜 13:00
14:30 〜 18:00
9:00 〜 12:00
13:30 〜 16:00
休診日:木・日・祝祭日
お問い合わせ
TEL: 03-6222-8276
地図はこちらから
カレンダー