トップページ » FAQ » 虫歯の治療をしたのにまた虫歯になるのはなぜ?

FAQ 歯のご相談で、よく頂くご質問をまとめました。

虫歯の治療をしたのにまた虫歯になるのはなぜ?

それは、お口の中の細菌が歯と詰め物のつなぎ目から入るからです。これを防ぐには、毎日のブラッシングはもちろん歯医者で
定期的にクリーニングを受けて細菌が増えすぎないようにすることが大切です。また、歯に詰める材料も精度の高いものを選ぶことが大切です。金属の詰め物は、歯とのつなぎ目が大きくなりがちですし必要以上に歯を削ることになります。虫歯で穴が開いた歯に固い金属を詰めると歯にひびが入り、そこからまた虫歯になることも多いのです。そのような悪循環から歯を守るために当院では金属の詰め物を使う治療は行いません。

FAQ一覧へ戻る

診療時間
月 - 金9:00 〜 13:00
14:30 〜 18:00
9:00 〜 12:00
13:30 〜 16:00
休診日:木・日・祝祭日
お問い合わせ
TEL: 03-6222-8276
地図はこちらから
カレンダー