トップページ » 歯の健康講座 » 歯周病とは?

歯周病とは?

治療の実例

あなたは大丈夫?3人に1人が歯周病!

あなたも歯周病かもしれません。以下の自覚症状で当てはまるものにチェックして診断してみましょう!
歯周病危険度チェック!
診断する
今のところ歯周病の心配はなさそうです。今後もしっかりとしたケアを心がけましょう。
歯肉炎
歯肉炎・早期の歯周病の可能性があります。早めに受診して、短期間で治療を完了させましょう。
歯肉炎
早期〜中期の歯周病の可能性があります。早めに受診して、歯周病の進行を食い止めましょう。
歯肉炎
中期以上の歯周病の可能性がかなり高いようです。早急に受診し、今の状態を改善しましょう。
歯肉炎
歯周病が中期から重度に進行している可能性があります。症状がより深刻になる前に、早急な受診をお勧めします。
歯肉炎
重度の歯周病に進行している可能性があります。症状が進み、全心疾患につながらないよう、一刻も早い受診をお勧めします。
もう一度診断する

歯周病という言葉を聞いたことがある方多いと思います。これは、口腔内細菌により歯茎に炎症が起きて、少しずつ顎の骨が溶けていく病気です。初期から中等度まではほとんど自覚症状がなく重度の歯周病に進行してから、疲れた時に歯茎が腫れたり歯がグラグラする等の症状が出てきます。

重度に進行するまで自覚症状が出にくいために多くの方が治療の機会を逸してしまい大切な歯を失っています。

また、歯周病の進行には個人差があります。それは、歯周病細菌の量や生活習慣、ストレスや免疫力、かみ合わせ、噛む力、プラークコントロールの状態などが複雑に影響し合うためです。おひとりおひとりのお口の状態を精査し、適切な治療計画を立て、それに沿って確実に治療する必要があります。しかし、歯周病の治療は医師や衛生士に任せておくだけでは成功しません。

患者さんご自身による生活習慣の改善やプラークコントロールの継続と、医師や衛生士によるプロフェッショナルケア。
この両輪が揃うことが、歯周病の治療の成功には必要不可欠なのです。

診療時間
月 - 金9:00 〜 13:00
14:30 〜 18:00
9:00 〜 12:00
13:30 〜 16:00
休診日:木・日・祝祭日
お問い合わせ
TEL: 03-6222-8276
地図はこちらから
カレンダー