治療の実例|治療例4

治療例4 ダイレクトボンディングによる虫歯治療

これまでの虫歯治療では、虫歯が深いと神経を取る処置が一般的に行われてきました。しかし、この処置には下記の様な問題点があります。

  1. 歯の構造が弱くなる
  2. 痛みが感じられなくなり、虫歯の発見が遅れ、治療が遅れる
  3. 歯をたくさん削る事になる。
  4. 将来、歯を抜くことになるリスクが上がる。

当院では、神経を取らずに保護することでなるべく歯を抜かない治療を行なっております。

1金属の下が虫歯になっています。

2虫歯を取り切ったら神経が露出しています。(この状態では多くの歯医者は神経を取ります。)

3神経を保護しました

4ハイブリッドレジンで歯を修復しました。

  
    
      
    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    2024年 6月
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6